top of page
  • 執筆者の写真十河 剛(そごう つよし)

はじめまして

医療の世界から日本をもっと元気に!


一般社団法人日本メディカルNLP&コーチング協会の

十河 剛(そごう つよし)です



私は当法人の理事長を務めさせていただいておりますが、

現役の小児科医でもあります


小児の消化器・肝臓を専門としており、

教科書を書いたり、ガイドライン作成委員をしたり、

全国へ講演会で呼ばれたり、

海外からも小児の消化器内視鏡の講演

ハンズオンセミナーで呼ばれたりもしていました


そんなバリバリのキャリア27年の小児科医が

なぜNLP(神経言語プログラミング)という心理学や

コーチングというまったく無関係そうなことを始めて

しかも一般社団法人まで設立してしまったのか?


そして、心理学やコーチングという

”人の話を聴く”ということは

私がもっとも苦手とする分野で

かつ私がそれまでの小児科医の

キャリアの中で避けてきた分野でした


ましてや、”自己啓発”なんて分野は

『俺を啓発できる奴なんてどこにいるんだ?』

というくらい忌み嫌っていました


そんな私が2022年11月11日に

一般社団法人日本メディカルNLP&コーチング協会を設立して

NLPとコーチングで医療にかかわるすべての人が幸せな世界

をビジョンに活動をはじめる に至った経緯についても

これからブログでお話ししていきたいと思います


このブログでは医療現場で即使える

NLPとコーチングについてお伝えします

楽しみにしていてください


私たち

一般社団法人日本メディカルNLP&コーチング協会の

ミッションは

『NLPとコーチングで医療現場に

 創造性と協働をもたらし、

  医療の生産性の向上と医療にかかわる

   すべて人の生活の質を向上する』

ことです


私たちの活動を応援していただけましたら幸いです




閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

それ誰がやるの?私でしょ!~システムという考え方~

医療の世界から日本をもっと元気に! 一般社団法人日本メディカルNLP&コーチング協会の 十河 剛(そごう つよし)です。 もしかしたら、あなたは 「NLPやコーチングが医療現場で 役に立つのはわかったけど、 私けだがやっても 意味がないんじゃないか?」 と考えているかもしれません。 医療機関で働く雇われ側の人からすると、 そんなふうに考えてしまうかもしれません 経営者側の人も、 自分がNLPやコー

患者とスタッフのやる気を引き出すコミュニケーション

医療の世界から日本をもっと元気に! 一般社団法人日本メディカルNLP&コーチング協会の 十河 剛(そごう つよし)です。 今回は患者とスタッフの やる気を引き出すコミュニケーション についてお話しします ある医療機関の副院長先生と お話ししているとこうおっしゃられました 「僕は部長になるときに 先代の部長から言われて 色々本を読んで 人を育てることについて勉強しました」 そう話されているその方は、

댓글


댓글 작성이 차단되었습니다.
bottom of page